腱鞘炎の肘の痛み - 原因と治療 整体 大阪

症状の原因と治療法を考察し痛みの解決を目指す

肘の痛みと腱鞘炎

病院や薬だけに頼らず肘の痛みを根本から


症状の改善法

腱鞘炎とは、腱の周辺の炎症を指します。関節などに腱鞘炎の症状がでやすいようです。主に手首や肩、指、肘に多くみられます。

腱鞘炎になる原因はさまざまですが、負荷のかかる動作を反復すると腱鞘炎を起こしやすいようです。

ですが、一度の負荷によって腱鞘炎になるケースもあるので、痛みが取れない場合は必ず専門医に受診しましょう。

腱鞘炎は職業病としてもしられていてキーパンチャーやプログラマーに多いと言われています。

ですが、育児中の女性にも多く赤ちゃんの抱っこやおんぶ、かばうような無理な態勢により肘や肩に負荷がかかり腱鞘炎になってしまったというケースも多いようです。

腱鞘炎になってしまったら湿布などの外用薬や抗炎症薬などが処方されることがほとんどです。

そしてなにより安静にしておくことが肝心です。ですが、仕事や育児や家事などで無理にでも炎症をおこしている肘などを動かさなくてはならない状況がほとんどのため、完治するまで長い時では数ヶ月を要することもあります。

また一度腱鞘炎の痛みが治まっても、原因を取り除かないかぎり再発してしまうこともよくあるようです。

全く動かさないことは無理でも意識してできるだけ炎症部位を使わない負荷をかけないようにすることが回復への近道だと思います。


1 メニエール病
頭痛の悩み
腰のメカニズム
肘の痛み
五十肩に水泳
耳ツボタッピング
2
1
2
Copyright© メニエール病の完治に向けて - 腱鞘炎 整体 大阪. All rights reserved.